分类
给新手的加密货币投资指南

不應忽略 NFT 市場

CryptoPunks

不應忽略 NFT 市場

また、4月9日にGMOインターネットグループがNFT事業の参入を公表しています。デジタルコンテンツをより流通させることを目的とし、NFTマーケットプレイス「アダム byGMO」の提供が予定されています。他にも、6月9日にはLINEの暗号資産事業を展開するLVC株式会社が「LINE Blockchain」を軸としたNFTマーケットの提供について発表しました。

加熱するNFT市場、アートなどの「デジタル所有権」をブロックチェーンで、約75億円でのオークション販売事例も、Taco Bellも参入

1.事前にNFTを発行する対象のコンテンツを決めておく。対象はビジュアルファイル(JPG、PNG、GIFなど)や音楽ファイル(MP3など)、3Dファイル(GLBなど)が可能
2.イーサリアムに対応したウォレットを用意し、NFTマーケットプレイスに接続する
3.NFTを作成するには少量のイーサリアム(ETH)を手数料として支払う必要がある
4.マーケットプレイスにウォレットを接続した上でコンテンツをアップロードする

マインクラフトでNFT禁止へ、売上規模は10分の1以下に。激変するNFT市場の現在

NFT Worldsは、マインクラフトのNFT禁止発表を受け、Discordとツイッターで、NFT禁止の動きはイノベーションの後退であるとの批判を展開。マインクラフトに対して再度説明を求め、もし決定が覆らない場合は、別の手段でNFTプロジェクトを継続する旨を明らかにした。1つは、マインクラフトのようなゲームエンジン上でNFTプロジェクトを継続させるというもの。もう1つは「platfrom as a service」モデルに転換し、他のデベロッパーもプラットフォームを利用できるようにするというものだ。

NFT市場の現状、販売額は10分の1以下に

DappRaderのデータによると、the Bored Ape Yatch ClubのNFT価格は、他のNFT価格が大幅に下落している中でも、下落率が1%にとどまり、最低価格は9万ドルを維持しているという。

vote Vote

SDGs14「海の豊かさを守ろう」について、プラスチックごみが海洋汚染の大きな原因の一つとして問題視されています。 海のプラごみの量は年々増え続けており、2050年にはプラごみの量が世界中の魚の重量を超えてしまうと言われていることを知っていますか?

たった1年で2万倍成長、NFT市場の最新動向。急拡大の一方、電撃的買収や犯罪の増加も

OpenSea

Nike、Visaなど大手企業も参入

Nikeはメタバースを新たな主戦場と捉え、2021年12月にデジタルファッションスタートアップのRTFKTを買収。2022年4月23日にRTFKTと共同制作したNFTスニーカーコレクション「RTFKT x Nike Dunk Genesis CRYPTOKICKS」を発売した。

RTFKT x Nike Dunk Genesis CRYPTOKICKS

VisaNews on Twitter

「Visa Creator Program」は、NFTビジネスに興味のある各分野のクリエイター(芸術、音楽、ファッション、映画)に向けた1年間の支援プログラムだ。内容は、ブロックチェーンやスマートコントラクトに関するアドバイス、NFTクリエイターとのアイデア交換、暗号資産やデジタルコマースに対する識者による勉強会、Visa顧客やパートナーとの交流、成長支援のための奨学金などである。

メガプレーヤー同士の買収劇も

CryptoPunks

しかし、そんな「CryptoPunks」が買収されたというニュースが飛び込んできた。買収元はNFTコレクション「Bored Ape Yacht Club」を制作するYugaLabs。「Bored Ape Yacht Club」は最も時価総額が高いコレクションであり、上記期間の売上は4,830万ドルと2位を大きく引き離している。

Bored Ape Yacht Club

YugaLabsによる買収条件は不明だが、同社はLarvaLabsの「CryptoPunks」と「Meebits」を買い取り、権利を獲得したことを明らかにしている。「Bored Ape Yacht Club」と「CryptoPunks」を合わせると36億ドルの価値になると言われており、YugaLabsがNFTコレクション界におけるトッププレーヤーに君臨することは間違いない。

急拡大に伴い犯罪も急増

2022年の展望は?

NFT分析会社NonFungible.com の共同創設者Gauthier Zuppinger氏は「2021年と比べて購入者、売上が減少している」という。投機やコレクションへの関心の低下により売上減少が目立ち始めているが、それでも「世界市場は依然として高く、これらの資産価値は増加し続けている」とのこと。

vote Vote

SDGs14「海の豊かさを守ろう」について、プラスチックごみが海洋汚染の大きな原因の一つとして問題視されています。 海のプラごみの量は年々増え続けており、2050年にはプラごみの量が世界中の魚の重量を超えてしまうと言われていることを知っていますか?